クリスマスの祝祭日、1ひと月6お天道様、Epiphanyを祝うために王家デザートが食べられます。しかし、デザートは身内の文化として皆に楽しんでいます。各国の王家デザートにはさまざまな品種がありますが、これは俺が真にイギリスで遭遇したことではありません。意外と、デザートが提供されて要る時分、内部で最良若い人、重ね重ね娘がテーブルの下に座っている。連中は、どの順序でお客にスライスを提供するかを決めます。

文化チックに不幸な他人に与えられたスライスが残ります。ちっちゃなトークンがデザートに隠され、誰かがそのスライスで見つけます。これはたびたびプラスティック製の物だ(俺が渡したデザートにはプラスティック製の猫が含まれていました!)。こういうトークンをスライスで見つけたお客は、名称を塗り付けられた君主またはクィーンだ。連中は残りのお天道様のために段ボールのクラウンを着衣しなければなりません、そして、連中が連中の君主/クィーンとして選んだ他人と共に、第三者を周りに高めることができます!

俺はこういう因習を紹介することを心から楽しんでいました。よし、王家デザートは旨いですが、それはまた、凄いミールといい業者を楽しむために身内と近隣が集まることを可能にする嬉しい文化だ。アテニアクレンジング